溶剤リサイクル

溶剤回収装置

自然の資源は有限ですが、私たち人類の知恵と工夫は無限です。経済発展と環境保全の両立のために、溶剤回収装置の御導入をお勧めいたします。
NIKKAKI(THAILAND)は、環境技術で、お客様のコスト削減と環境配慮をサポートします。

貴社では、洗浄や抽出に用いた溶剤を、有料で処理業者に引き取ってもらっていませんか?
その費用が、年単位で考えると高くかかっていると思いませんか?

もし、YESなら・・・
溶剤回収装置の導入で、自社内での資源のリサイクル廃棄物の低減が可能です。

溶剤回収装置導入のメリット

① 使用済み溶剤の処理委託が少なくなるので、コストが削減できます。
② 溶剤が繰り返し使用できるので、購入量が減り、コストが削減できます。
③ 環境負荷の低減に役立ちます。

溶剤回収装置導入前・導入後

溶剤回収装置は、自社内に設備を導入するものです。製品生産ラインにおいて、洗浄や抽出などの工程に多量の溶剤をご使用の場合に導入が可能です。廃液処理を業者に委託している場合、運搬費、リサイクル処理費が発生します。
自社内に、このシステムを導入することで、それらを大幅に低減することが可能です。
また、溶剤を繰る返し使用できるため、購入費用も削減できます。装置は、自動シーケンスにより完全自動運転が可能であり運転に人手をかける必要はありません。
当社は、このシステムのベースとなる蒸留のエキスパートであり、多くの実績を持っています。
多くのお客様が、このシステムを導入し、数年で設備導入費用を回収している例もあります。安心してお任せ下さい。

回収事例

エタノール 食品工業・工業薬品・消毒用途 etc

工程中、水etcで希釈されたエタノールを回収・精製することで、再利用が可能になります。エタノール以外のアルコール類も多くの実績がありますので、是非ご相談ください。
エタノール

IPA 半導体・医薬工業 etc

半導体工業で洗浄のために用いたIPAを精製することで、再度洗浄に用いることができます。高価な無水IPAなら、設備の導入費用もすぐに回収できます。
IPA