事業内容

省エネご提案‐持続可能な社会の構築と競争力強化のために

よくある質問、共通の不安

コスト削減のために省エネをしたいけれど、どうすればいいの?

近年、急成長を遂げているタイ国においては、他国以上に環境負荷問題及び資源問題を考える必要があります。NIKKAKIグループは、環境負荷の低減及び省エネルギーなどを考慮した設備をタイ国に浸透させるためにBOI認可のエンジニアリング会社 NIKKAKI ENGINEERING(THAILAND)を設立しました。

NIKKAKI ENGINEERINGでは、下記の設備を手掛けてまいります。

○環境負荷低減に関する設備
○省エネルギーに関する設備
○大気汚染、水質汚染、騒音、振動等の防止に関する設備
○ダイオキシン類関係公害防止に関する設備
○危険物に関する設備

またこれらは、新規設備だけではなく、既設設備の改造においても対応させることができます。

NIKKAKI ENGINEERINGには、日本人エンジニアリングが常駐しておりますので、
お気軽にご相談ください。

NIKKAKIグループの実績を一例挙げますと、ヒートポンプ導入による工場スチーム量削減があります。ヒートポンプにも圧縮式や吸収式など様々な種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。私たちは、お客様のプラントに合わせたヒートポンプの選定が可能です。実際にお客様工場で稼働中のヒートポンプは、ランニングコスト削減に寄与しており、大変喜ばれております。

ヒートポンプ

ヒートポンプと温度の低いところから、温度の高いところへ 熱を移動させる仕組みのことです。
蒸発器に導入した場合のフローをご紹介します。